大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。いつも電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような痛みで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらリハビリ中です。看護師の私がなぜ?自分の病院でどうして?なぜ私?時にくじけそうになりつつも、今は復帰し周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤での大腿神経麻痺は珍しく、ブログがありません。是非「コメント」をお聞かせください、一緒に話をしましょう。

定期受診日

f:id:rehabilis0416:20180406113709j:image

ベタの赤ちゃんが4匹に減ってしまいました(o;д;)o

 

もう生き残ってくれたら一匹でもいいので大切に育てますって感じです。

 

今夜もしびれがひどいです。もう暖かくなってきているのに、悪い方の足が寒くて仕方がない。

 

電気毛布を足に巻いています。

 

このしびれが夜に強くなると、生きていたくなくなるのはなぜなんだろう・・・?

 

なんとなく、死にたくなってしまうようなしびれなのです、普通の人にはわからないと思う。

 

今まで味わったことの無いしびれが普通の人を精神的にダメにさせるのですねきっと。

 

このしびれはだれがわかってくれるのか、たぶん、しびれてる辛い、などと話したところで、

 

わかってくれる人はほとんどいないと思います。

 

それは味わったことがないだけで仕方がないことです。

 

味わったことがない人たちにひどい、しびれが、もうどうにもならないなどと言ってもわからないと思います。

 

だって自分がそうだったから。

 

 

いろんな方たちに、わかったつもりで辛いですねといっていましたが、本当に辛いのは自分しかわからないのだと思いました。

 

この体の内からじわじわと襲ってくるしびれが我慢ができないのは、味わった人にしかわかりません。

 

痛いのと、痛くないけれど熱くなるじわじわとしたしびれの二つの苦痛が常に襲っています。

 

 

特に夜になるとひどい。デパスやリリカ、サインバルタを飲んでも少しだけよくなりますが、ぼーとしてしまい。例えば明日ごみの日なのにゴミをまとめたりとかを面倒くさくなったり、本当はできることをしなくなったりしているのが自分でもわかるのです。

 

自分できないというもどかしさもあってまた、自分を責めたりします。

精神的におかしくなるサイクルが出来上がってしまうのです。

 

怖いですほんと・・・

 

どうしたらいいのもか・・・