大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。いつも電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような痛みで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらリハビリ中です。看護師の私がなぜ?自分の病院でどうして?なぜ私?時にくじけそうになりつつも、今は復帰し周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤での大腿神経麻痺は珍しく、ブログがありません。是非「コメント」をお聞かせください、一緒に話をしましょう。

コウノトリの最終回泣けました

ダウン症のお子さまをもし授かったとしたなら

私なら耐えられず諦めます。

 

でも今日初めて知りました、ダウン症でも未来が開けているということ

こんなしびれなんて我慢しているよりずっと辛い思いを決断して

生まれたことだとおもいました。

 

私なんてダウン症のお子さまの未来を考えれば、たいした

ことではない・・・

 

ひとりぼっちではないから、周りの支えがあれば

未来はきっと開けるのだと感じた最終回でした。

 

というより、始めてみて最終回でした(・・;)(;^_^A

 

ドラマはいつも初めてみて最終回がほとんどなので・・・

 

韓流ドラマはちがうんだけど(;^ω^)

 

自分も障害者になったので言えるのですが、ダウン症のおこさまが

生まれる家庭はきっと神様に選ばれているのでしょうね・・・

 

わたしもなにか選ばれてこういう状態になったのだと思います。

 

新しい出会いはわたしもこれから期待します。大腿神経麻痺で引きこもってる

 

場合ではありませんね・・・

 

わたしにはなかなか仲間がいなくて寂しいです。。。

 

しびれがひどく、もう家からほとんど出ていませんが、今日は最初で最後の

 

コウノトリというドラマをみて、感慨に耽っています。