大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

懐かしの学友

f:id:rehabilis0416:20171007200045j:image

久しぶりに学友から連絡が来ました。

 

私がこんな状態とは知らずに、偶然彼女も休職中。

 

妊婦さんでした。

 

一番仲が良くて大好きな友達。でも一回りも年下でいろんな意味で刺激的な友達です。

ここ何年間でいろんなことが起きていたようで、夜中にかかってきてびっくりしたものの、朝方まで話をした、よくまあいろんな話が出てくるなと思いながらも、時間はあっという間に過ぎるものです。いろいろ悩んでいるみたいでしたが、こんな体で何も役に立てないと思っていたけれど、少しは協力できて良かった。

 

がんばって、元気な赤ちゃんを産んでほしい。

 

久しぶりにアルバムを出してみたら、なつかしい、あの頃はなんでも楽しくて、勉強が大好きだった。

 

今はどうだろう。

 

その気力すら全くない。薬の副作用?

何でも副作用のせいにしたくない。だから、私あの頃の自分に戻りたい。

 

退帽式で誓った、看護師になって人の役に立ちたい。

 

思い出して、なにか出来ることを探してみます。

 

電話くれてありがとう。