大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。いつも電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような痛みで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらリハビリ中です。看護師の私がなぜ?自分の病院でどうして?なぜ私?時にくじけそうになりつつも、今は復帰し周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤での大腿神経麻痺は珍しく、ブログがありません。是非「コメント」をお聞かせください、一緒に話をしましょう。

お揃い

f:id:rehabilis0416:20170804134635j:image

昨日、レンタル業者のかたがデモで置いていかれたピックアップです。一月1500円だそうです。ビックリしました。身体障害者でもなんでも構わず1500円だそうです。自宅に帰ったら必要なので借りよう思ったらこんな値段では買うより他はありません。結局13000円もかかりました。足の麻痺がなおれば物干しになりそうですが、まだまだきっと数年は先のことでしょう。(*T^T)

今は必要なので買いましたが、身体障害者になってなもなにも優遇はないのだと感じました。いま試験外泊で自宅にいますが、なにもできません。やろうと思うのですが、あしが絡まり転びます、家族はそれをみて嫌がります。甥っ子も姪っ子も泣いてました。かわいそうだって。

私自身は回りのみんなが気にかけてくれて歯がゆい感じになってきました。死にたいような自責の念からはこの数ヵ月で救われたような気がします。サインバルタという薬のせいかもしれません。やっと効果が出てきたのでしょう。

サインバルタのおかげでしびれは日中は良く効いて、夕方になると戻ってきますが、痛み止めをのむと我慢できるくらいになっています。

「こんな足もぎ取ってしまいたい、いらない」と毎日考えますが、薬でコントロールできるようになったのだから良いと考え直さないと、と思います。いまは。

これから近くの花火大会です、ベランダから遠くに見えるので夕涼みしながら観覧したいと思います。夕立だいじょうぶかな?