大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。いつも電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような痛みで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらリハビリ中です。看護師の私がなぜ?自分の病院でどうして?なぜ私?時にくじけそうになりつつも、今は復帰し周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤での大腿神経麻痺は珍しく、ブログがありません。是非「コメント」をお聞かせください、一緒に話をしましょう。

病院にもどったら

f:id:rehabilis0416:20170730191015j:image
二泊三日の試験外泊から無事、怪我もなく病院に戻りました。自宅での生活はやはり辛いの一言。全部自分でやらなければいけないという意識と出来ないと言うまどろこしさと。

 

なんだか何年も過ごしたと思えないほど、自分のうちの使い勝手が悪いというか、好きだったピアノも弾こうと思えなくてピアノの部屋にいかなかったり、出来ないことに目をつむってしまった。

自分にイライラして痺れもひどくなって、死んでしまいたいと思ったりテンションが低すぎて本当にやばかった。(-_-;)

 

でも帰ってきて、お友だちからの手紙が病室に残されていて、読んだら、とても嬉しくなりました。

 

手紙にはオニャン子クラブとかの話もあって、夕焼けにゃんにゃんよくみてた。懐かしい。セーラーズにも母親に頼んで一緒に並んで時間制限で買ってもらったを思い出したし。

あと、とんねるずの洋服やさんなんだっけ?派手な模様の服も見に行ったけど高くてかえなかった。

 

あそうそう、ブランドの服が流行ったんだよあの頃は。

コムサ・デ・モードとか、ピンクハウス、インゲボルグとかROPEとかバーゲンだけ原宿まで早朝から並んで買いにいったっけ。

懐かしい昔の話だけど、一瞬でも癒される時間があってよかった。Kneehab®️XPやったし、みんなの手話とニュースもみたし、今日は、もう寝ちゃいます。(^ー^)