大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

ナースのお仕事

f:id:rehabilis0416:20170624135056j:image

姪っ子がお手紙をくれました。2年生にしてはとても字が上手だですね(叔母バカですよはっきり言って)でも字のことでお友だちに負けてしまって悔しかったんだろうな・・・負けるって悪いことじゃないからって自分にも言い聞かせたい気分です。 おてがみでうれしかったのは、「かんごしになってせかいじゅうをしあわせにして・・・」と書いてくれたことです。おもわず泣きそうになってしまった。恥ずかしくて本人の前でこらえるのに必死でした。車イスのわたしを見てもそう思ってくれるなんて・・・

とても大変なお仕事だけど本当にやりがいがあって、”せかいじゅうをしあわせ”にできる仕事です。”ぜったいかんごしになって”ほしいです。

この手紙は結婚式まで大事にとっておこうっと。