大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。毎日、右足の痛みと痺れと膝折れに苦しみながらも、リハビリに取り組んでいます。なぜ?こんなことに?どうして?私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら入院生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログが少な過ぎるため意を決して始めました。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いたします。☆マークを押していただければその方のブログ内にコメントできます。

にーはぶ って?

f:id:rehabilis0416:20170611194641j:image

Kneehabニーハブという低周波治療器を使って治療をしている病院を見つけた。

  • 大腿部にガーメントを巻きつけるだけで大腿四頭筋全体に的確に刺激を与え、大腿四頭筋の筋萎縮を改善することができます。neurotech社独自のマルチパス技術によるNMES(神経筋刺激療法)とTENS(鎮痛効果)の2種の電気刺激を搭載しており、用途に応じて使い分けることが可能です。

↓と、この病院では採用しているみたいです

 http://www.reha-kaiseikai.or.jp/kneehab.html
safhs

病院で低周波治療をしてくれるところはあまりないみたいです。

なかなか難しい領域のようです。

自分で買って治療をしている人もいるみたいだけれど、藁をもすがる気持ちになるのは理解できる、わたしも。

でも、おいくら万円なんでしょうね・・・