大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

油は4時間消化にかかる


f:id:rehabilis0416:20170523094238j:image

担当の医師がいま説明している「油はね4時間以上かかるんだよ消化するのに」まえの患者さんが、ゆうべ、脂汗かきながら「わきっぱらいたい、いたい」と大騒ぎになった。これはイレウスか?もしかしたら、解離か?AMIか?血圧は200越えてるし、これはやばいかも、はやくラインとんないと、モニターとか用意しなくていいの? っと焦っていたら原因は昼ごはんのカレーライスでした。「いま、吐いてきた、あーすっきりしたー死ぬかと思ったよー」と。

ふーっ、脅かさないでよーもう。ぷんぷん。ひとりで焦って見守っていたわたしでした。