大腿神経麻痺のリハビリ入院生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術の合併症で、大腿神経麻痺になってしまいました。日々、右足の痛みと痺れと膝折れに苦しみながらも、リハビリに取り組んでいます。なぜ?こんなことに?どうして?私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら入院生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログが少な過ぎるため意を決して始めました。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いたします。☆マークを押していただければブログ内のコメントに返事をします。

おくすり追加

f:id:rehabilis0416:20170510192038j:image

今夜から新しいおくすりが追加です。そのかわりにリリカが減量になりました。

トリプタノールを飲んでいないならと、処方になりました。

抗うつ薬の サインバルタ というおくすりです。

 

rehabilis0416.hatenablog.com

 このおくすりの詳しい情報はここにありました。↓

seseragi-mentalclinic.com

経過を抜粋すると、

典型的な経過としては、 まずはイライラや不安感といった「落ち着かない感じ」が改善します。

その後に抑うつ気分が改善し、意欲ややる気などは最後に改善すると言われています。

効果を十分感じれば、その量のお薬を維持しますし、効果は感じるけど不十分である場合は、増量あるいは他のお薬を併用します。

1~2ヶ月みても効果がまったく得られない場合は、別の抗うつ剤に切り替えます。

気分が安定しても、そこから6~12ヶ月はお薬を飲み続けることが推奨されています。この時期が一番再発しやすい時期だからです。

6~12ヶ月間服薬を続けて、再発徴候がなく気分も安定していることが確認できれば、その後2~3ヶ月かけてゆっくりとお薬を減薬していき、治療終了となります。

↑だそうです。

朝のブログ、わたし、かなりうつ状態だったからなぁ~。

 

rehabilis0416.hatenablog.com

 

 

でも、うつ病のおくすりが痛みを改善するなんて、ビックリです。効果は数日先からだそうですので、後日またブログに公表します。