大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

朝からダルおも~

f:id:rehabilis0416:20170506083558j:image

夕べから左向き寝れるようになった。股にクッションを挟んでいれば痛みも軽減される。けど、痛くて朝おきると、この通り↑まるでお地蔵さまにでもなったような重さで微動だにしない。左足だけ先ばってベットから降りてしまう。

忘れられた右足がかわいそう。

毎朝こんな感じで憂鬱な朝が訪れるので、目を覚ましてもトイレに起き出すまでに30分はかかる。心のなかで「この足どうにかして」と怒ったり、「悩んでみてもしょうがない」と言い聞かせたり、「このまま一生眠り続けたい」と悲観したり、「とりあえず、朝ご飯食べようか」と励まし起きるの繰り返しかな。はやく終わりにしたい。