大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

大腿神経麻痺ブロックをやめて3日め

f:id:rehabilis0416:20170428071629j:image

大腿神経ブロックをやめて3日め、今日は4月29日土曜の祝日、リハビリさんいわく飲み込まれた土曜日という事。振替休日が月曜日にならないそうです。損なんですね。それでも祝日なので人が少ないのにも関わらず、今日は二時間もリハビリができた。最近すごく頑張っているけれど、持続麻酔の大腿神経ブロックをはずしたのですごくこわい。あの痛みがまた襲ってきたら死ぬかも。レスキューのリドカイン点滴も2回/日に減ってしまったし。痛くならないように足を曲げたり歩行訓練をしている。リハビリさんも恐る恐る。膝はまだまだガクガクです。

帰ったらベットでストレッチ。ベットにはいろんな大きさのクッションが完備されている。足が痙攣してきたら小さいクッションを段階的にいれたり、股関節が痛くなったら大きい柔らかい方のクッションを挟む。鼠径部がカチカチになってきたら背中に低反発のクッションをいれてベットをフラットにしてマッサージなどといろいろ症状に合わせて使い分けています。

今日はちょっといま痛みが強くなってきたので電気毛布でくるんで冷えを防止しています。

リハビリ終わってからもいろいろと忙しいです。