大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。日々強くなる痛みと痺れ、24時間片足を電気風呂にいれているような地獄の苦しみと、沸き起こるような中心部からのしびれで夜中に何度も目が覚める日々に耐えながらも、リハビリしています。看護師の私がなぜ?自分の勤めている病院でどうしてこんなことに?なぜ私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログがほとんどありません。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いた

神経が回復していく痛み

痛みは人には伝えられない。自分にしかわからないのでどう伝えたらわかってくれるのかを日々考えている。痛みはその日の天気や気分や体調でも変わるものなので、日中は我慢できる痛みでも、寝る前や特に起床時は起き上がることが出来ず、Ⅰ時間くらいは下準備が必要になる。毎日お世話になっているリハさんに痛みをうまく伝えたいと思っていても言葉が難しい。じーんと痛い、ぴりぴり痛い、ずんずん痛い、しぼられている痛み、筋肉痛のような痛み、骨が痛い、うずくような痛み、表現がいつもその日で変わっていく。汗だくになってもらい大変お世話になっているリハさんにこれからも上手に伝えていきたい。

この本は痛みついて書かれているのでとても参考になりました。


f:id:rehabilis0416:20170422112024j:image