大腿神経麻痺のリハビリ生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術で、大腿神経麻痺となりました。毎日、右足の痛みと痺れと膝折れに苦しみながらも、リハビリに取り組んでいます。なぜ?こんなことに?どうして?私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら入院生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログが少な過ぎるため意を決して始めました。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いたします。☆マークを押していただければその方のブログ内にコメントできます。

外傷性末梢神経損傷後疼痛(私の場合)の処方薬


f:id:rehabilis0416:20170421212439j:image

いま処方されているお薬は、

1 メコバラミン(神経の栄養剤ってところかな)

2 トラムセット (ずっと飲んできた痛み止め)

3 リリカ   (神経損傷後にぴりぴり感を静めるため処方)

4 メキシレチン (最近処方された抗不整脈薬でも神経疼痛に効果あり)

一昨日、某有名大学病院からアルバイトできているペイン専門の先生が新しい薬を試したらと

リボトリールという抗てんかん薬の処方を主治医に提案していた。

これ以上薬が増えるのも嫌だけど、痛みを軽減してリハビリをもっと進めたいという焦りもあって複雑。

痛みに関しての内服薬の情報を詳しくのせている病院のHPを見つけました。

すごく詳しくかかれていました。

痛いのになぜ、抗不整脈薬?抗てんかん薬? 疑問が解決しました。


慢性疼痛、難治性頭痛、神経障害性疼痛の治療薬 / 脳神経外科 山本クリニック 大阪市住吉区