大腿神経麻痺のリハビリ入院生活日記

2017年3月8日、人工股関節の手術の合併症で、大腿神経麻痺になってしまいました。日々、右足の痛みと痺れと膝折れに苦しみながらも、リハビリに取り組んでいます。なぜ?こんなことに?どうして?私なの?時にくじけそうになりつつも、周りの人たちに助けられながら入院生活を送っています。術中の過誤による大腿神経麻痺は大変珍しく、ブログが少な過ぎるため意を決して始めました。是非「コメント」をお聞かせください。お返事いたします。☆マークを押していただければブログ内のコメントに返事をします。

検査のはなし

痛かった筋電図検査

筋電図検査のはりは3ヶ所だった。1つめは 鼠径部 全く痛くなかった。ビリっとも来なかった。 2つめは 太ももの真ん中 細い糸くらいの針なのに フェルト針くらいの太さに感じるほどグリグリとやられるとビリビリと痛んだ。3つめはふくらはぎ。ここは ほんと…

筋電図の結果について

たった今医師から、説明があった。↓ 「検査結果(誘導筋電図運動神経伝達速度)は決して喜ばしいものではない、半年はかかる可能性がある。年単位ではないと思うけれど3年たったからってそこで回復しますってものではないから何とも言えない難しい。とにかく…

筋電図検査を希望した

筋電図検査というすごい検査があると知ったのは数日前だけど、入院している病院でもできることを知ったのは昨日。なんですぐに検査しなかったのか疑問だったので、担当の先生にきいてみたら、この検査は受傷してすぐは反応が出ないので3週間から6週間ほど間…